[post_grid id='865']

メンバー

メンバー

代表取締役

日淺 二郎(Jiro Hiasa)

立命館大学出身。学生時代はラグビーに没頭し、高校日本代表候補、U-19日本代表として活躍する。その後、ゼビオホールディングス株式会社、日本エスリード株式会社を退職した後に、2012年に3Dプリンター事業、2014年にWebマーケティング事業を展開する会社を設立する。その後、2016年11月に株式会社Next Keymanを設立し、コミュニケーション事業の可能性を追求する。

営業本部長

橋元 一晃(Ikko Hashimoto)

関西大学出身。学生時代は体育会ラグビー部に所属しラグビーに明け暮れる学生生活を送る。卒業後に就職した空調メンテナンスの企業で人事を担当し、中小企業の人材不足の壁に直面する。古くからの友人である日淺と共に一念発起し、全く新しい"地方創生"の形を生み出す為に日々奮闘中。

CVC事業部

吉川 英治(Eiji Yoshikawa)

関西外国語大学出身。学生時代は復興庁と公益社団法人主催の東日本大震災に関わるプロジェクトに参画。100名を超える国際協力団体の代表としてラオスに小学校を3校建設。学生の情報サイト”きっとみつかるカフェ”を立ち上げる等、多岐に渡り活躍する。企業内定を29社獲得後、現職の株式会社NextKeymanにて現職に携わる。毎月2000名以上の学生と関わり、企画運営を中心に数多くの学生のマネジメントを行う。

顧問アドバイザー

落合 文也(Fumiya Ochiai)

2009年に創業100年を超える老舗証券で新人賞を獲得。その後2012年に独立系コンサルティング会社で中小ベンチャー企業の本業支援、FA業務(M&A、資金調達、事業再生)に従事。2017年に現職となる株式会社日本クラウドキャピタルのGMに就任。従来のFA業務と実務支援に加え日本初の「株式投資型クラウドファンディング」による資金調達で唯一無二のハイブリッド型のサポートを行っている。

顧問アドバイザー

石垣 元庸(Motonobu Ishigaki)

2002年、2005年とブレイクダンスの世界大会「Battle of theYear」の日本予選で優勝。うち2005年は同世界大会で準優勝及びbest showを獲得。その他、複数の世界大会で入賞する等の成績を収めた後、ダンサーとしての一線を退き、法曹を志す。現在、一般民事・刑事・少年事件を中心に活躍中。2012年からは風営法のダンス営業規制問題に関わり、同法改正運動(「Let’s DANCE 法律家の会」)や、同法違反で摘発されたクラブの刑事裁判(「SAVE THE NOON訴訟」)等に取り組んでいる。