[post_grid id='865']

HYGGER利用規約

HYGGER利用規約

HYGGER利用規約

最終更新日:2018年3月15日

株式会社Next Keyman(以下、「当社」といいます)は、当社が提供するHYGGERの利用登録について、以下のとおり利用規約(以下、「本規約」といいます)を定めます。HYGGERを利用するためには、本規約の全てに同意していただく必要があり、HYGGERを利用したときは、本規約に同意したものとみなされるものとします。

第一条 (定義)

1 本規約では、以下の用語を使用します。

(1)「本サイト」とは弊社が提供するSTATUSというサイトのことを指します。

(2) 「会員企業」とは、本サイトの利用を申し込まれた企業が、当社の審査を経て、当社が利用を承認した企業のことを指します。

(3) 「会員学生」 とは本サイトの利用を申し込まれた大学生、専門学校生、短期大学生、留学生のことを指します。

(4) 「全会員」とは本サイトに登録している全ての会員企業と会員学生のことを指します。

(6) 「ガイドライン」とは、本サイトに関して、本規約とは別に「ガイドライン」、「プライバシーポリシー」などの名称で当社が掲示している文書のことを指します。

(7) 「第三者」とは、全会員と当社以外の全ての法人及び個人を指します。

(8) 「個人情報」とは、個人情報保護法第2条に定義する情報を指します。

(9) 「秘密情報」とは、利用契約又は本サイトに関連して、当社及び会員企業が、相手方より書面、口頭若しくは記録媒体等により提供若しくは開示されたか、又は知り得た、相手方の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報を指します。

第二条 (会員企業規約)

1 HYGGER利用にあたり、下記のいずれかに該当する場合は、申し込みの取り消しまたは、ご使用を中断していただきます。その際に生じた賠償責任は、全会員のうち当該損害を生ぜしめた会員に負担していただきますのであらかじめご了承ください。

(1)申し込み時の予約者情報(予約者名・法人/団体名・住所・電話番号・メールアドレス等)、使用目的、使用方法が事実と反した場合。また、予約者の連絡先に連絡が取れない場合。

(2)他の全会員、ビル内他会社に迷惑を及ぼした場合。

(3)全会員のうちHYGGERの貸切をした会員が許可なく第三者に転貸した場合。

(4)風紀上または安全管理上、不適当と認めた場合。

(5)常識を超えた備品のお持込または、使用された場合。

第三条 (責任区分)

1 全会員はHYGGER利用の際、荷物・貴重品などは各自の責任で管理して下さい。万が一盗難、紛失した場合は、弊社は一切責任を負いません。

2 HYGGER内の建造物・設備・備品など破損または紛失した場合、修理代等として全会員のうち当該損害を生ぜしめた会員に損害賠償して頂く場合がございます。 また、上記が原因でHYGGERが利用出来なくなった場合は、損害の実費負担と利用料金に基づいた逸失利益の合計金額をご負担いただきます。

3 荷物の一時預かりは、保管上のトラブルを避けるため固くお断り致しておりますのでご了承下さい。

4 弊社の落度による損害補償は、全会員のお支払いいただきました料金内での補償になります。ご了承下さい。

第四条 (事前確認事項)

1 HYGGERのイベント利用申込みは、STATUSに登録されている全会員(学生会員または企業会員)のみとなります。

2 HYGGERは各店舗規定の定員数以上でのご利用はできません。

3 HYGGERはイベント、セミナー等にご利用下さい。商品の販売会場等の不特定多数でのご利用はできません。

4 利用内容・形態等により、ご利用をお断りする場合があります。

5 当ビル内、営業されているテナントや他会社、ビル周辺の歩行者などに迷惑となる大きな音を出す等の迷惑行為はご遠慮願います。ただし、予め書面により許可を得た場合は除きます。

6 暴力団関係者、その他反社会的団体に属する者と認められる場合、お申し込み・ご利用はお断りさせていただきます。

第五条 (利用方法)

1 HYGGERは現況貸となります。事前にご了承ください。

2 HYGGER内でのタバコは原則的に禁煙となっております。

3 飲食の持込は可能ですがアルコール類は禁止させていただいております。4 ご利用後は、机・椅子などは原状復帰をお願い致します。

5 ご利用後、汚れが著しい場合は清掃料金を別途ご請求させて頂く場合がございます。

第六条 各種撮影(動画撮影、写真撮影、自社内使用を含む)でご利用の場合の注意事項

1 HYGGER内であれば撮影でのご利用が可能です。HYGGER内での撮影は、原則として弊社にご連絡いただく必要はございません。

2 ただし、公序良俗に反する内容や社会通念上問題のある内容の撮影はできません。また、騒音の発生等で他の会員・ビル使用者に迷惑を与える場合も同様です。

3 HYGGER外(当ビル周辺地域/共有部分含む)での撮影および撮影機材の設置はできません。また、ビル外観の撮影もご遠慮いただいております。ご希望の場合は、お問合せ下さい。

4 HYGGER内で撮影の際は、 壁面・物品等の破損・紛失がないよう、十分ご注意ください。破損・紛失等が生じた場合、「第3条 責任区分 2項」の内容に従い、損害賠償をしていただく場合がございます。

5 取材・撮影や放映・掲載で発生したトラブルは、ビルオーナー/弊社いずれも一切の責任がないものといたします。

6 撮影内容・規模により、ご利用できない場合がございますので詳細はお問合せ下さい。

第七条 (個人情報の利用について)

1 当社は、全会員から提供された個人情報を本サイトの提供に必要な範囲及び当社のプライバシーポリシーで定められた目的の範囲で使用することができるものとします。

2 全会員は、当社に個人情報を提供する場合その他本サイトを利用するにあたり、個人情報の保護に関する法律を遵守するものとします。

3 全会員は、本サイト上で取り扱われる個人情報を、本サイトの利用目的に照らして使用、加工、複写するものとし、他の目的のために使用、加工、複写してはならないものとします。

4 会員企業は、個人情報の漏洩等の事故が発生した場合には、当社に対し、直ちに当該事故の発生の日時・内容その他詳細事項について報告するものとします。また、この場合、会員企業は、自己の費用において、直ちに漏洩等の原因の調査に着手し、速やかに当社に対し調査の結果を報告するとともに再発防止措置を講じ、当社に対し、その内容を報告するものとします。

第八条 (禁止事項)

1 全会員は、HYGGERの利用に際して、以下に記載する行為を行ってはならないものとします。

(1)運営者の承諾なくしてHYGGERおよび近辺で物品の販売、募金、及びチラシその他の宣伝物の配布、掲示、撮影、又はこれに類する行為を行うこと。

(2)HYGGERおよび近辺に危険物を持ち込むこと。

(3)全会員がチケットを販売する場合、暴力団その他反社会的団体ならびにその構成員及び関係者にチケットを販売すること。

(4)暴力団その他反社会的団体ならびにその構成員及び関係者をHYGGERに入場させること。

(5)運営者指定の場所以外の場所で飲食、喫煙すること。

(6)ゴミを投棄するなど、HYGGERおよび近辺を不衛生な状態にすること。

(7)騒音、振動、異臭を発するなどHYGGERおよび近辺に迷惑となる行為をすること。
また、出演者及び来場者による行動(ダイブ・モッシュ・ジャンプ等)、振動の発生するであろう行為をすること。

(8)壁、床、器具その他「HYGGER」及び備品の一切に対し、落書き、損傷および破壊等これらを汚損する行為をすること。また、建物、付帯設備への釘打ち及びガムテープ貼りをしてはならない。

(9)防炎加工のされていないパネル、幕類の持込み。

(10)暴力行為、無謀行為など自己および他人に危険を生じさせる行為をすること。

(11)過度に照明を暗くし、もしくは過剰な音量を発するなど心身の健康に支障を来す演出、または博打もしくは富くじの販売など社会通念を逸脱する企画を行うこと。

(12)自転車、バイク、自動車などを路上駐車すること。

(13)全会員、関係者等がHYGGER利用後に飲酒運転を行うこと。また、HYGGER利用後に運転を行う者に、飲酒を勧めること。

(14)補助犬以外の生体の持込み。

(15)所有者および運営者の保有する画像・名称・連絡先等を無断で使用すること。

(16)火気の使用及び調理を無断で行う事。

(17)その他、所有者および運営者がHYGGERの諸設備の維持または保全のために禁止した事項。

(18)その他、HYGGERおよび近辺で、顧客その他の第三者に迷惑を及ぼす言動及び行為、所有者および運営者が禁止した事項。

第九条(不可抗力などによって利用が不可能となった場合の措置)

(1)天災地変・テロなどの不可抗力、その他所有者および運営者の責に帰すことができない事由によって、全会員が催事の目的に従ってHYGGERを利用できなくなったとき、使用契約は当然に終了する。

(2)前項の場合、全会員は未払いの利用料金の支払いを要さず、所有者および運営者は全会員より支払われた利用料金をすみやかに全会員に返還する。但し、この場合の催物の中止に伴う損害について、所有者および運営者は一切補償しない。

(3)第1項の場合、全会員は、所有者および運営者に対し、損害賠償その他何らの請求をすることができず、万一、観客その他の第三者との間に紛議が生じたときは、自らの責任と費用にてこれを処理解決し、所有者および運営者に対し財産上の負担その他一切の迷惑を及ぼさない。

(4)HYGGERの機材・設備の故障等により、全会員および観客の所期の目的が達成されなかった場合であっても、HYGGERによる利用料金の返還以上の損失補償はしない。

第十条(全会員の損害賠償責任)

1 全会員、その従業員、その他の関係者がHYGGERを利用するに際して諸施設・設備・備品等を汚損・紛失または毀損したときは、全会員は、所有者および運営者に対し、原状回復のための費用その他これによって所有者および運営者が被った損害を賠償する。

2 利用期間中に観客その他の第三者に人身事故その他の損害が生じたときは、HYGGERの施設上の問題に起因する場合を除き全会員は、全て自らの責任と費用にて当該観客らに対し直接損害を賠償し、所有者および運営者の指示に従い謝罪広告の掲載等信用回復のための措置をとり、所有者および運営者に対し財産上の負担その他一切の迷惑をかけない。

3 前項の場合、所有者および運営者が第三者より責任を追及され当該第三者に損害賠償を行ったときは、所有者および運営者は、直ちに全会員に対し、損害賠償に要した費用の一切を請求できる。

 第十一条(定めのない事項)

1 本規約に定めのない事項は、全会員がHYGGERを健全な目的のために円滑に利用することを第一義として、誠意を持って協議の上円満に解決する。

HYGGER利用規約

最終更新日:2018年3月15日

株式会社Next Keyman(以下、「当社」といいます)は、当社が提供するHYGGERの利用登録について、以下のとおり利用規約(以下、「本規約」といいます)を定めます。HYGGERを利用するためには、本規約の全てに同意していただく必要があり、HYGGERを利用したときは、本規約に同意したものとみなされるものとします。

第一条 (定義)

1 本規約では、以下の用語を使用します。

(1)「本サイト」とは弊社が提供するSTATUSというサイトのことを指します。

(2) 「会員企業」とは、本サイトの利用を申し込まれた企業が、当社の審査を経て、当社が利用を承認した企業のことを指します。

(3) 「会員学生」 とは本サイトの利用を申し込まれた大学生、専門学校生、短期大学生、留学生のことを指します。

(4) 「全会員」とは本サイトに登録している全ての会員企業と会員学生のことを指します。

(6) 「ガイドライン」とは、本サイトに関して、本規約とは別に「ガイドライン」、「プライバシーポリシー」などの名称で当社が掲示している文書のことを指します。

(7) 「第三者」とは、全会員と当社以外の全ての法人及び個人を指します。

(8) 「個人情報」とは、個人情報保護法第2条に定義する情報を指します。

(9) 「秘密情報」とは、利用契約又は本サイトに関連して、当社及び会員企業が、相手方より書面、口頭若しくは記録媒体等により提供若しくは開示されたか、又は知り得た、相手方の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報を指します。

第二条 (会員企業規約)

1 HYGGER利用にあたり、下記のいずれかに該当する場合は、申し込みの取り消しまたは、ご使用を中断していただきます。その際に生じた賠償責任は、全会員のうち当該損害を生ぜしめた会員に負担していただきますのであらかじめご了承ください。

(1)申し込み時の予約者情報(予約者名・法人/団体名・住所・電話番号・メールアドレス等)、使用目的、使用方法が事実と反した場合。また、予約者の連絡先に連絡が取れない場合。

(2)他の全会員、ビル内他会社に迷惑を及ぼした場合。

(3)全会員のうちHYGGERの貸切をした会員が許可なく第三者に転貸した場合。

(4)風紀上または安全管理上、不適当と認めた場合。

(5)常識を超えた備品のお持込または、使用された場合。

第三条 (責任区分)

1 全会員はHYGGER利用の際、荷物・貴重品などは各自の責任で管理して下さい。万が一盗難、紛失した場合は、弊社は一切責任を負いません。

2 HYGGER内の建造物・設備・備品など破損または紛失した場合、修理代等として全会員のうち当該損害を生ぜしめた会員に損害賠償して頂く場合がございます。 また、上記が原因でHYGGERが利用出来なくなった場合は、損害の実費負担と利用料金に基づいた逸失利益の合計金額をご負担いただきます。

3 荷物の一時預かりは、保管上のトラブルを避けるため固くお断り致しておりますのでご了承下さい。

4 弊社の落度による損害補償は、全会員のお支払いいただきました料金内での補償になります。ご了承下さい。

第四条 (事前確認事項)

1 HYGGERのイベント利用申込みは、STATUSに登録されている全会員(学生会員または企業会員)のみとなります。

2 HYGGERは各店舗規定の定員数以上でのご利用はできません。

3 HYGGERはイベント、セミナー等にご利用下さい。商品の販売会場等の不特定多数でのご利用はできません。

4 利用内容・形態等により、ご利用をお断りする場合があります。

5 当ビル内、営業されているテナントや他会社、ビル周辺の歩行者などに迷惑となる大きな音を出す等の迷惑行為はご遠慮願います。ただし、予め書面により許可を得た場合は除きます。

6 暴力団関係者、その他反社会的団体に属する者と認められる場合、お申し込み・ご利用はお断りさせていただきます。

第五条 (利用方法)

1 HYGGERは現況貸となります。事前にご了承ください。

2 HYGGER内でのタバコは原則的に禁煙となっております。

3 飲食の持込は可能ですがアルコール類は禁止させていただいております。4 ご利用後は、机・椅子などは原状復帰をお願い致します。

5 ご利用後、汚れが著しい場合は清掃料金を別途ご請求させて頂く場合がございます。

第六条 各種撮影(動画撮影、写真撮影、自社内使用を含む)でご利用の場合の注意事項

1 HYGGER内であれば撮影でのご利用が可能です。HYGGER内での撮影は、原則として弊社にご連絡いただく必要はございません。

2 ただし、公序良俗に反する内容や社会通念上問題のある内容の撮影はできません。また、騒音の発生等で他の会員・ビル使用者に迷惑を与える場合も同様です。

3 HYGGER外(当ビル周辺地域/共有部分含む)での撮影および撮影機材の設置はできません。また、ビル外観の撮影もご遠慮いただいております。ご希望の場合は、お問合せ下さい。

4 HYGGER内で撮影の際は、 壁面・物品等の破損・紛失がないよう、十分ご注意ください。破損・紛失等が生じた場合、「第3条 責任区分 2項」の内容に従い、損害賠償をしていただく場合がございます。

5 取材・撮影や放映・掲載で発生したトラブルは、ビルオーナー/弊社いずれも一切の責任がないものといたします。

6 撮影内容・規模により、ご利用できない場合がございますので詳細はお問合せ下さい。

第七条 (個人情報の利用について)

1 当社は、全会員から提供された個人情報を本サイトの提供に必要な範囲及び当社のプライバシーポリシーで定められた目的の範囲で使用することができるものとします。

2 全会員は、当社に個人情報を提供する場合その他本サイトを利用するにあたり、個人情報の保護に関する法律を遵守するものとします。

3 全会員は、本サイト上で取り扱われる個人情報を、本サイトの利用目的に照らして使用、加工、複写するものとし、他の目的のために使用、加工、複写してはならないものとします。

4 会員企業は、個人情報の漏洩等の事故が発生した場合には、当社に対し、直ちに当該事故の発生の日時・内容その他詳細事項について報告するものとします。また、この場合、会員企業は、自己の費用において、直ちに漏洩等の原因の調査に着手し、速やかに当社に対し調査の結果を報告するとともに再発防止措置を講じ、当社に対し、その内容を報告するものとします。

第八条 (禁止事項)

1 全会員は、HYGGERの利用に際して、以下に記載する行為を行ってはならないものとします。

(1)運営者の承諾なくしてHYGGERおよび近辺で物品の販売、募金、及びチラシその他の宣伝物の配布、掲示、撮影、又はこれに類する行為を行うこと。

(2)HYGGERおよび近辺に危険物を持ち込むこと。

(3)全会員がチケットを販売する場合、暴力団その他反社会的団体ならびにその構成員及び関係者にチケットを販売すること。

(4)暴力団その他反社会的団体ならびにその構成員及び関係者をHYGGERに入場させること。

(5)運営者指定の場所以外の場所で飲食、喫煙すること。

(6)ゴミを投棄するなど、HYGGERおよび近辺を不衛生な状態にすること。

(7)騒音、振動、異臭を発するなどHYGGERおよび近辺に迷惑となる行為をすること。
また、出演者及び来場者による行動(ダイブ・モッシュ・ジャンプ等)、振動の発生するであろう行為をすること。

(8)壁、床、器具その他「HYGGER」及び備品の一切に対し、落書き、損傷および破壊等これらを汚損する行為をすること。また、建物、付帯設備への釘打ち及びガムテープ貼りをしてはならない。

(9)防炎加工のされていないパネル、幕類の持込み。

(10)暴力行為、無謀行為など自己および他人に危険を生じさせる行為をすること。

(11)過度に照明を暗くし、もしくは過剰な音量を発するなど心身の健康に支障を来す演出、または博打もしくは富くじの販売など社会通念を逸脱する企画を行うこと。

(12)自転車、バイク、自動車などを路上駐車すること。

(13)全会員、関係者等がHYGGER利用後に飲酒運転を行うこと。また、HYGGER利用後に運転を行う者に、飲酒を勧めること。

(14)補助犬以外の生体の持込み。

(15)所有者および運営者の保有する画像・名称・連絡先等を無断で使用すること。

(16)火気の使用及び調理を無断で行う事。

(17)その他、所有者および運営者がHYGGERの諸設備の維持または保全のために禁止した事項。

(18)その他、HYGGERおよび近辺で、顧客その他の第三者に迷惑を及ぼす言動及び行為、所有者および運営者が禁止した事項。

第九条(不可抗力などによって利用が不可能となった場合の措置)

(1)天災地変・テロなどの不可抗力、その他所有者および運営者の責に帰すことができない事由によって、全会員が催事の目的に従ってHYGGERを利用できなくなったとき、使用契約は当然に終了する。

(2)前項の場合、全会員は未払いの利用料金の支払いを要さず、所有者および運営者は全会員より支払われた利用料金をすみやかに全会員に返還する。但し、この場合の催物の中止に伴う損害について、所有者および運営者は一切補償しない。

(3)第1項の場合、全会員は、所有者および運営者に対し、損害賠償その他何らの請求をすることができず、万一、観客その他の第三者との間に紛議が生じたときは、自らの責任と費用にてこれを処理解決し、所有者および運営者に対し財産上の負担その他一切の迷惑を及ぼさない。

(4)HYGGERの機材・設備の故障等により、全会員および観客の所期の目的が達成されなかった場合であっても、HYGGERによる利用料金の返還以上の損失補償はしない。

第十条(全会員の損害賠償責任)

1 全会員、その従業員、その他の関係者がHYGGERを利用するに際して諸施設・設備・備品等を汚損・紛失または毀損したときは、全会員は、所有者および運営者に対し、原状回復のための費用その他これによって所有者および運営者が被った損害を賠償する。

2 利用期間中に観客その他の第三者に人身事故その他の損害が生じたときは、HYGGERの施設上の問題に起因する場合を除き全会員は、全て自らの責任と費用にて当該観客らに対し直接損害を賠償し、所有者および運営者の指示に従い謝罪広告の掲載等信用回復のための措置をとり、所有者および運営者に対し財産上の負担その他一切の迷惑をかけない。

3 前項の場合、所有者および運営者が第三者より責任を追及され当該第三者に損害賠償を行ったときは、所有者および運営者は、直ちに全会員に対し、損害賠償に要した費用の一切を請求できる。

 第十一条(定めのない事項)

1 本規約に定めのない事項は、全会員がHYGGERを健全な目的のために円滑に利用することを第一義として、誠意を持って協議の上円満に解決する。